伊予三島秋祭りSTART!!


おはようございます

いよいよです!

今日から豊岡寒川地区

明日から三島地区

五穀豊穣を願い各町若い衆が太鼓を担ぎます

太鼓台の歴史について
もともと秋祭りは、豊年の秋を寿ぎ、神様に新穀感謝するもので、幟や提灯を掲げ、御神輿に乗った神様に黄金に実った様子を見て頂くためのもので、神輿行列には、神職をはじめ総代、幟、鉾、家躰(やたい)などが列をなし、太鼓を打ち鳴らして厳粛に行われていたものである。
その祭礼形態から、山車そして現在の太鼓台の奉納という形にいつ頃なったのかは定かではない。
一説によると太鼓台は、京都の祇園祭に登場する「かき山」に原型が求められ、安土桃山時代、大阪堺の豪商が作らせたとも言われている。また、平安時代以降、次第に京都祇園祭が有名になり、御神輿に供奉(ぐぶ)する山車が盛行し、この山車に太鼓が積まれ、鉾や装飾が施されるようになり、江戸時代に入り、元禄年間(1688~1703)に商業の中心地、上方を軸に町人文化が開花するとともに派手になり、町人文化の爛熟期を向えた江戸時代後期の化政期(1804~1830)には、現在のような蒲団を積み重ねた形や形状の異なる多彩な太鼓台が作られたとも言われている。化政期は、知識人の文化交流や社寺参詣の流行などによって中央の文化が地方に伝えられた時期であり、海上交通の発達も起因して、太鼓台が一気に瀬戸内沿岸や他の地方に伝わったと考える説もある。
又この他、村上水軍由来説や豊臣秀吉の大阪城築城の石材運搬由来説、各地で独自の発展を遂げていった説等いろいろ考えられており、各種の説が飛び交う中、あくまでも推測の範疇を脱しておらず、定説といったものはないと考えられる。
太鼓台は、瀬戸内沿岸に集中して見られるが、中でも四国は太鼓台の一大宝庫と称されている。


10/23(神事)は小学校は休校、中学校は昼までの授業です。

今年は日曜日なんで関係ないですね・・・

個人的な見どころは太鼓台の金糸や木彫り

東町の蟇股木彫り(かえるまた)は近藤泰山作

山下茂太郎や山下八郎など先人たちのきめ細かな金糸

近年では金子町や中組の金糸を手掛けた株式会社金鱗の立体感

太鼓の組み立てはほとんどが縄を使ってます。

各町の青年団員の思いも一本一本の縄からも伝わってきます。

そして担ぎ手の心意気!!!

話が長くなりすぎますのでこのくらいに・・

是非、この週末は愛媛・伊予三島へ!

ちはや鍼灸接骨院
高橋
[PR]

by chihaya-kobe | 2011-10-20 09:00  

<< 〇川先生来院 新居浜祭り >>